顔面騎乗(がんめんきじょう)

男性の顔の上に局部を押し付けるように女性が跨ることです。
もともとはSMのプレイの一つであり、Sが上に乗り呼吸の出来ない苦しさと性器や尻の臭いを嗅ぐことでMが興奮するというものでした。

近年では女性を顔の上に跨らせることで性器を間近で見たり、クンニや手マンをする、言葉攻めで女性の羞恥心を煽るなどのようにSとMの立場が逆転しているようなプレイも増えています。