カウパー腺液(かうぱーせんえき)

男性器(竿)の部分が勃起して興奮が高まると出る透明の液。

発見者、イギリスの外科医ウィリアム・カウパーに因みこの名前が付けられた。ガマン汁、先走り汁とも言われている。
カウパー腺液には精子はいないが、尿道に漏れ出た精子がカウパー腺液と共に排出されることもあり、射精していないくとも妊娠する可能性がある。