夢精(むせい)

男性が睡眠中に射精する現象。

その際性的な内容の夢などで性的興奮していることが多いが、稀に性的な内容の夢ではなかったり、夢を見ずに勃起し射精にいたる場合もある。
個人差はあるが、一般的にはオナニーで射精するよりも夢精の方が性的快感が強いとされる。

13歳から16歳程度の青年期の男性によく見られる症状だが、中高年でも性的行為などに対する長期の禁欲や、慢性的な疲労、精神的な疲れなどで起こりやすくなることがある。